• ホーム
  • 風俗店で働くための性病対策知識とは?

風俗店で働くための性病対策知識とは?

女性にとって高収入を得ることが出来る商業の代表といえば風俗ではないでしょうか。
昔は何らかの理由があって風俗業で風俗嬢として働かざるを得ないという女性が多かったのですが、最近ではむしろ高収入を得ることが出来るとして自ら率先して風俗嬢になる女性も出てきています。
しかし風俗店で働く際には常日頃から注しておかなければいけないことがあります。
それは性病に関してです。

風俗ではいうまでもありませんが不特定多数の男性と性行為をおこないます。
そんな不特定多数の男性の中で性病に対して何か取り組みをしている男性はごくごく少数ですそういったことも踏まえて普段から性病に関する知識と対策はきっちりしておく必要があるというわけです。
性病にかからないようにするためにはないよりも店選びがとても重要です。

実は風俗店には店舗によって性病について設備が整っていたり、取り組みをおこなっているお店とまったく設備も整っていなくて対策もとっていないお店とがあります。
例えば定期的な性病検査を勤務している風俗嬢に義務付けているお店であったり、風俗嬢任せではなくお店側でも性病検査を実施しているところは安心して勤務できるのではないでしょうか。
また、勤務している風俗嬢だけではなくて、来店するお客さんに対しての性病対策をしっかりしているかも重要です。
うがいはもちろん殺菌作用のある石鹸などで全身を洗うようなお店だと安心して働くことが出来ます。

また、勤務内容にも注目しておきたいところです。
風俗店で働く場合はついつい収入ばかり見てそのプレイ内容までは確認しない場合が多いですが、ハードサービスであればハードサービスであるほど性病にかかる確率は高くなると考えておいた方が良いでしょう。
特に性病は粘膜同士が触れ合うことによって感染します。
挿入がサービスに含まれている場合はコンドームを着用して挿入をすることを義務付けているようなお店を選ぶようにしておきましょう。

排尿すると性病にかかりにくくなる

性病は一つだけではなく色々な種類の性病が存在します。
特に代表的なものとしてはクラミジア、カンジダ、淋病、梅毒などが挙げられます。
このうち一部の病気は性行為後に速やかに排尿することによって感染する確率が低くなるといわれているのです。
対象となる性病は先に挙げた中ではクラミジアと淋病が当てはまります。

クラミジアや淋病は尿道をとおって感染することが分かっています。
そのため、性行為が終わってからすぐに排尿することによってこれらの菌が体内に侵入する前に尿と一緒に体外に出ていくため、発症しにくくなるというわけです。
確かに性行為後すぐに排尿することによってある程度の性病対策になることは立証されているのですが、ここで注意しておいてほしいのはこの対策はあくまでも男性だけに限定されるという事です。
どうして男性にのみこの性行為後すぐの排尿が性病の対策として一定の効果があるのかというと、それは性器自体の構造が男性と女性では大きく違うためです。

男性の場合は性器がペニスであるため、尿道が必然的に女性よりは長いです。
そのため、クラミジアや淋病を発症させる菌が体内に侵入するまでに一定の猶予があるというわけです。

一方、女性の性器は言うまでもなく膣ですが、膣の場合は男性に比べると尿道はとても短いです。
ですから性行為をおこなってもしもクラミジアや淋病を発症する菌が居た場合はすぐに膣内に侵入し、そこから全身に行き渡ります。
更に性行為自体が膣内の奥深くで行われるという事もあって、女性はクラミジアや淋病の菌が侵入してから発祥するまでがとても短いため、性行為直後に排尿をしたとしてもすでに間に合わないのです。
女性は男性よりも性病に対する対策は念入りにおこなう必要があると言えるでしょう。

関連記事